comparison_title

グループホームとは

グループホームの正式名称は「認知症対応型共同生活介護」です。
認知症と医師に診断された方で、要介護度が「要支援2」以上の方が入居できる、少人数制の施設です(1ユニットは9 名まで)。

24時間 365日

共同生活

認知症対応専門

少人数制

認知症にグループホームが良い
4つの理由

認知症は、住み慣れた地域・環境で、安定した対人関係を築き、生活リスムを整えることで症状が改善するといわれており、グループホームはそのために作られた施設です。

地域に根差した施設であるため、入居者がもともと暮らしていた環境と大きく変わらない環境で、その人らしい生活を送れる。

少人数制で入居者の入れ替わりも少ないため、安定した人間関係を築きやすい。

基本的には朝起きて夜眠る、規則正しい時間に食事をとるという生活を行うため、自然と生活リズムが整う。

グループホームの介護スタッフは認知症ケアの専門家のため、一人ひとりの症状や状態に合わせたケアを行うことが可能。入居者の方が笑顔で楽しく生活できるよう、必要な場面では専門スタッフが24時間体制で適切にサポート。